たからもの

たからもの
自然
ワッソでヤマダメ

ワッソでヤマダメ

夕暮れの柔らかい光に包まれると、

里山はまるで50年・100年前の情景になります。

風に誘われるまま、立ち止まって空を見上げていると、

なだらかな山並みが親しげに振り向きます。

木滑から見える峰と峰の間に、古くからワッソと呼ばれる地点があり、

「ヤマダメ」という天候占いが伝え継がれているそうです。

まだ明けやらぬ朝、集落の古老がワッソを注意深く監察しながら

「今日は昼から雨になるさけ干し物は出さんように」

と伝えてくれるのです。

今はヤマダメをするより、テレビの天気予報を見た方が

早くて確かという時代なのですが、

そこはそれ、

田畑に出ているときはテレビもありませんので、

ふと見上げるのがワッソなのです。

ちなみにワッソというのは鷲走と書く峰の名前で、

立派な白山山系の一つです。

その姿が山間から消えると確実に雨になり、

ピカピカ輝いて見えると好天が保たれます。

そして冬ならば、ワッソが霞むとまもなく雪になります。