木滑のおはなし

木滑のおはなし
歴史
木滑神社 (きなめりじんじゃ)

大正7年(1918)9月14日
貴船神社と、八幡神社が合祀され、
今の木滑神社ができました。
上木滑と下木滑の産土神さまです。

 

祭神は

少彦名命
(すくなひこなのみこと)

応神天皇
(おうじん てんのう)


境内には大きなイチョウの木と
もみの木があります。


   

神社の横では、さらさらと
   水が流れ続けています。

木滑神社

木滑神社

お祭りの朝。

みなさん、
まずは仏御前の
安産岩に手を合わせます。

木滑神社  木滑神社

あさんがえしの
お祭りの前に
神事が行われました。


かつて、上木滑、下木滑には
ともに貴船神社が一つずつありました。

下木滑の貴船神社は
明治6年(1873年)に
村社 八幡神社 となりました。

明治39年(1906年)
政府から、“神社合祀令”が出され、
多くの神社が統廃合されます。

そして1918年、
貴船神社、八幡神社の
二つの神社は合祀されることとなり、
現在の木滑神社となりました。